Using URG on Processing

北陽のURG-04LXをProcessing(MacOSX 10.10.2)で使用する方法

<参考サイト>

URG Network / Wiki / top_jp

http://sourceforge.net/p/urgnetwork/wiki/top_jp/

URG-04LX | Product Information | LRF sensors information | HOKUYO AUTOMATIC

http://www.hokuyo-aut.jp/02sensor/07scanner/download/products/urg-04lx/

ProcessingでURG-04LX-UG01を使ってみる – memorandums http://memorandums.hatenablog.com/entry/2015/04/09/213422

  1. 参考サイト1からJavaサンプルを入手する
  2. Processing用ライブラリを作成する
    1. eclipseにて新規javaプロジェクト作成 jarを1.6にする(processingライブラリ)
    2. Javaサンプル内のsrcフォルダ以下をeclipseプロジェクト内のsrcにコピー
    3. Javaサンプル内のlibフォルダ内のRXTXcomm.jarにビルドパスを通す(多分)
      http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/cosminexus/useful/tips/100303_eclipse-add-libraries-to-buildpath.html
    4. ビルド(⌘+B) たぶんエラーが出る
    5. SerialConnection.jar内56行目を} catch (Exception e) {に変更する
    6. ビルド成功したらeclipseプロジェクトのフォルダにbinフォルダが作成される
    7. binフォルダ内でターミナルから jar cvf urg.jar com を実行
    8. 実行後urg.jarが作成されている
    9. 書類/Processing/libraries/urg/library/urg.jarに配置(urg.jar)
    10. processing内でimportできるか確認
  3. シリアル通信を行えるようにする(MacOSX Catalinaでは必要無し)
    1. RXTX Java serial controller “RXTXComm.jar”とRXTX native driver “librxtxSerial.jnilib”をインストールす(http://rxtx.qbang.org/wiki/index.php/Download)
      1. 両ファイルを”/Library/Java/Extensions”にコピーする
  1. ロックフォルダを作成する
    1. ルート権限で以下を実行する
      1. mkdir /var/lock
      2. chmod 777 /var/lock
  2. ポートを確認する
    1. serialライブラリをインポートする
    2. println(Serial.list())でシリアルポートを確認
    3. device.connect(“/dev/tty.usbmodem1421”)をbのシリアルポートにか書き換える

ビルドしたProcessingライブラリ