Programming 3 – Week 9

今日プレゼンしたプログラムの直し→ OOPの書き方として、おかしなところを指摘し、直してもらいます

提出期限:6/23(木曜日)

今後の予定

プロジェクトを実際に進めることで、OOPの理解を深めてもらいます。

ここから、インタラクティブ・プログラミングの授業と連携していきます。

制作に四週間あてるため、今週までの課題とは異なり、完成度が求められます。

プログラムは、ゲーム、参加型エンタテインメントプロジェクト、コンピュータアート、情報可視化、ウェブ連動型アプリケーション、アンドロイドアプリ等

完成度として、以下の点を重視します。

  • 一般公開可能→全体の制作物としての完成度
  • プログラムは考えられ、工夫されている→オリジナル性
  • デバッグがされており、不具合なく動作する
  • オブジェクト指向を使ったプログラム

インタラクティブプログラミングを履修している学生の予定

6/23 担当箇所に関する作業内容書の提出

  • タイトル
  • 概要
  • 実装方法と担当箇所
  • 擬似コード ー プログラムに移る前に、どのような動作を実装しなければならないかを日本語で記述すること
  • 個人のスケジュール
  • 参考文献

6/30 企画修正・制作作業

7/7 OOPの追加説明・制作作業

7/14 OOPの追加説明・制作作業

7/21 OOPの追加説明・制作作業

7/28 プレゼンテーション

 

インタラクティブプログラミングを履修していない学生の予定

6/23 企画立案・企画書提出

  • タイトル
  • 概要
  • 内容
  • 実装方法
  • 擬似コード
  • スケジュール
  • 参考文献

6/30 企画修正・制作作業

7/7 OOPの追加説明・制作作業

7/14 OOPの追加説明・制作作業

7/21 OOPの追加説明・制作作業

7/28 プレゼンテーション